贈与契約の取消しは贈与税が免除されるか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

通常は贈与契約を取り消しても、贈与税がかかるが

例外として

法定取消権等に基づいて贈与の取消し等があった場合

その財産の名義を元の所有者の名義に変更したこと

その他により確認できる場合に限り、

その贈与はなかったものとして取り扱われます

当事者の合意解除による贈与の取消し

原則 
贈与契約による財産については贈与税が課税

例外

しかし、当事者の合意による取消し又は解除が、

次の要件のすべてに該当し、

税務署長がその贈与契約に係る財産について贈与税を課税することにより、著しく負担の公平を害する結果となると認める場合に限り、

その贈与はなかったものとされる

① 贈与契約の取消し又は解除が

その贈与に係る贈与税の法定申告期限までに行われ、

かつ、その贈与に係る財産の名義を変更したこと等により確認できること


② 贈与契約に係る財産が、受贈者によって処分されたり、

担保物件その他の財産権の目的とされ又は

差押えその他の処分の目的とされていないこと


③ 贈与契約に係る財産について、

贈与者又は受贈者が譲渡所得又は非課税貯蓄等に関する

所得税その他の租税の申告又は届出をしていないこと


④ 受贈者が贈与契約に係る財産の果実(家賃収入など対価)

を収受していないこと、

又は収受した果実を贈与者に引き渡していること


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA