住宅取得等資金を贈与により取得した年分以降に財産の贈与を受けた場合の取扱い

このエントリーをはてなブックマークに追加
(住宅取得等資金を贈与により取得した年分以降に財産の贈与を受けた場合の取扱い)
70の3‐4 措置法第70条の3第1項の規定の適用を受けた者が、
住宅取得等資金を贈与により取得した年分以降に当該
住宅取得等資金の贈与
をした者から財産の贈与を受けた場合には、
当該財産の贈与をした者が当該贈与をした年の1月1日において60歳未満であっても、
当該財産については
相続時精算課税の適用があることに留意する。
(注) 同一の者から同一年中に
住宅取得等資金の贈与
それ以外の財産の贈与があった場合において、
当該住宅取得等資金以外の財産の贈与が当該住宅取得等資金の贈与前にあったとしても、
当該住宅取得等資金について同項の規定の適用を受けるとき(70の3‐3の2参照)には、
当該住宅取得等資金以外の財産についても
相続時精算課税が適用されるのであるから留意する。