生命保険の注意点

このエントリーをはてなブックマークに追加

生命保険と相続放棄

契約状況や個々の事情を、よく確認する必要があります。

生命保険契約により、保険金の

受取人が(被相続)と指定されている場合、

生命保険金請求権は被相続人の相続財産になると考えられます。

したがって、相続人が生命保険金を受け取ると、

単純承認とみなされその

相続人は相続放棄できないとおもわれます。


生命保険契約により、

保険金の

受取人が単に相続人と指定

されている場合

この場合は、各相続人は、それぞれの相続分に応じ、

自己固有の権利として生命保険金請求権を取得しますので、
相続人が生命保険金を受け取っても、

その相続人は相続放棄できるとおもわれます。


生命保険金は特別受益になりますか?

生命保険金
被相続人が自己を保険契約者及び被保険者とし、
相続人等を保険金受取人として締結した保険契約に基づいて
取得した死亡保険金請求権は、
その保険金受取人の保険会社からの固有の権利として取得するものであり、
原則として
特別受益に該当しません

ただし、保険金受取人である相続人とその他の共同相続人との間
に生ずる不公平が民法の趣旨に照らし到底是認することがで
きないほどに著しいと評価すべき特段の事情が存する場
合には、、
死亡保険金請求権は特別受
益に準じて持戻しの対象となります。


生命保険の注意点

1.契約者貸付金
生命保険契約の契約者は、
その保険契約の解約返戻金の範囲内で
保険会社から貸付けを受けることができるが
これを契約者貸付金といい、
相続人が相続により
取得したとみなされる保険金の額は、
契約者貸付金の額を控除した金額となり、
その金額で非課税金額を計算する

2.剰余金
保険金受取人が
保険金に加えて
剰余金(配当金)
前納保険料を受け取った場合
それらも、生命保険金に含めて、非課税金額を計算する。

2015年5月7日