登記所にはどのような帳簿や図面 が?

このエントリーをはてなブックマークに追加

登記所には登記簿(登記記録)のほかにどのような帳簿や図面 が備え付けられているのですか?
法務局HPより抜粋転載、一部省略
1 登記簿(登記記録)
「不動産登記法」によって,登記所に備え付けられている帳簿で,
①不動産の現況(宅地,田などの地目,土地の面積,建物の床面積など)
②不動産に関する権利関係(誰が所有権者か,抵当権の有無など)
を公示しています。
登記簿は,磁気ディスクに記録されて保存されています。


8 登記所備付地図
不動産登記法第14条第1項の規定によって登記所に備え付けることとされて
いる地図で,精度の高い調査・結果に基づいて作成されたものです。
精度が高い地図ですが,備付けが完了していない地域もあります。

 地図には,どのような事項が記録されているのですか。
地図は,登記されている土地が,現地のどこにあって
(位置) ,どのような形をしていて
(形状,区画 ,隣接している土地の地番は何番かを表すために,
一筆又は数筆の土地ごとに作成されています。
地図には,
(1)地番区域の名称 「東京都千代田区霞が関一丁目」など
(2)地図(各図郭)の番号 地図にはそれぞれ固有の番号が付されていま
す。この地図番号は,登記記録の表題部にも記
録されています。
(3)縮尺
(4)平面直角座標系の番号又は記号
(5)図郭線及びその座標値
(6)各土地の区画及び地番
(7)基本三角点等の位置
(8)精度区分
(9)隣接図郭との関係
(10)作成年月日
が記録されています。


9 地図に準ずる図面(いわゆる公図)
精度の高い登記所備付地図(法第14条第1項)が備え付けられるまでの間,
これに代わって登記所に備え付けることとされている図面で,土地の位置,形状
及び地番を表示しているものです。
これらの図面の大部分は,明治時代に作成された旧土地台帳附属図面(いわゆ
る公図)で,昭和25年以降に税務署から登記所に移管されたものです。

なお,地図に準ずる図面の大部分は,
明治時代に作成された旧土地台帳附属地
図(いわゆる公図)であるため,
上記登記所備付地図の事項の全ては表示されておらず,また,
土地の形状が現地と一致していないものもあります。
このような地図に準ずる図
面は,登記された土地のおおよその位置,地番とその隣接関係を表示しているも
のとお考えください。
このほか,紛争等のために隣接地との筆界が不明確な土地については,地図に
筆界を表示せずに,
そのような土地の地番を並列するなどの方法で表示している
ものも一部あり


 
10 地積測量図
土地の分筆の登記などの際に提出される図面で,各筆の土地の所在,地番,方
位,形状,隣地の地番,地積の求積方法,境界標などを表示しています。
11 地役権図面
承役地の一部に地役権が設定された場合などに,地役権が承役地のどの範囲に
及ぶかを表している図面です。
12 建物図面,各階平面図
建物図面は,どの土地の,どの場所に,どのような形の建物があるかを表示し
ている図面です。各階平面図は,建物の各階の形状と床面積を表示している図面
です。


 
6 信託目録
信託の登記の登記事項を明らかにするため,登記官が作成する目録です。
7 共同担保目録
2個以上の不動産に対して共同で1つの担保権が設定されている場合に,個々
の不動産の登記記録に記録することに代えて,この目録に記録することにより,
分かりやすくするという機能を持ったものです
法務局HP

Comment on this FAQ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA