不動産登記申請書に添付する書面は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産(土地建物)の名義変更

所有権移転登記申請書(相続・遺産分割)法務局HP

http://houmukyoku.moj.go.jp/homu/content/001215873.pdf

法務局へ提出する書類

一般的に必要とされる書類です。

登記申請書に添付する書面(添付情報)は,
原本の添付が原則

□ 被相続人の生まれてから、お亡くなりになるまでの戸籍(除籍)謄本

□ 被相続人の住民票の除票

□ 相続人の戸籍謄本

□ 遺産分割協議書

□ 相続人の印鑑証明書・印鑑(実印)

□ 相続人の住民票

□ 代理権限証書(委任状)

固定資産税評価証明書(市区役所)

その他

登記申請用に作成した委任状,登記原因証明情報等)
や印鑑証明書等は,原本の還付をすることはできません

相続関係説明図」を
戸籍全部事項証明書(戸籍謄本),
除籍全部事項証明書(除籍謄本)等と一緒に提出された場合には,
登記の調査が終了した後に,
戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)等の原本をお返しすることができます

法務局HPより抜粋転載、一部省略http://houmukyoku.moj.go.jp/homu/minji79.html

 

未登記の家屋については、

市区町村の税務課で家屋課税台帳名義人変更願

トップへ戻る

 

法務局HPより抜粋転載、一部省略http://houmukyoku.moj.go.jp/homu/minji79.html

登記申請書に添付する書面(添付情報)は,

原本の添付が原則ですので,

「住民票の写し」等についても,その証明書の原本を添付する必要があります(コピーは不可)。

ただし,申請人が原本を保管する必要があるもの又はそれを欲するものについては,

その原本の還付(返還)を請求することができます。

この場合には,必要となる書類のコピーを作成し,

そのコピーに「原本に相違ありません。」を記載の上,

申請書に押印した人がそのコピーに署名(記名)押印

(2枚以上になるときは,各用紙のつづり目ごとに契印(割印))

したものを申請書に添付して,原本と一緒に提出してください。

別途,原本の還付の請求書を作成する必要はありません。

なお,登記申請のためだけに作成したもの

(登記申請用に作成した委任状,登記原因証明情報等)

や印鑑証明書等は,原本の還付をすることはできませんので,

申請書を提出する際には,登記所に確認してください。

※ 相続登記申請(18,19,20,21及び22)に関しては,

「相続関係説明図」を

戸籍全部事項証明書(戸籍謄本),

除籍全部事項証明書(除籍謄本)等と一緒に提出された場合には,

登記の調査が終了した後に,

戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)等の原本をお返しすることができます

(詳しくは登記例を御覧ください。)。

不動産登記の申請には,個人番号の記載がない住民票の写し等を添付してください

(個人番号の記載がある住民票の写し等は添付しないでください。)

http://houmukyoku.moj.go.jp/homu/minji79.html

 

当事務所では提携の司法書士を紹介しております。
また紹介提携をご希望の司法書士さんもお気軽にご連絡ください。

Comment on this FAQ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です