相続税 さいたま市大宮区の堤税理士事務所

土地評価相続税プロフェッショナル税理士埼玉県の皆さまへ格安料金と高品質税理士業務

土地の評価

間口距離の求め方

このエントリーをはてなブックマークに追加

次の図のような形状の宅地の間口距離はいずれによるのでしょうか。
宅地の間口距離の図
【回答要旨】
間口距離は、
原則として道路と接する部分の距離によります
角切で広がった部分も間口に含める
したがって、Aの場合はa、Bの場合はa+cによります。
Cの場合はbによりますが、aによっても差し支えありません。
また、Aの場合で
私道部分を評価する際には、
角切で広がった部分は間口距離に含めません。
 
(間口が狭小な宅地等の評価)
20-3 次に掲げる宅地(不整形地及び無道路地を除く。)の価額は、
15≪奥行価格補正≫の定めにより計算した1平方メートル当たりの価額に
それぞれ次に掲げる補正率表に定める補正率を乗じて求めた価額に
これらの宅地の地積を乗じて計算した価額によって評価する。
この場合において、地積が大きいもの等にあっては、
近傍の宅地の価額との均衡を考慮し、
それぞれの補正率表に定める補正率を適宜修正することができる
(1) 間口が狭小な宅地 付表6「間口狭小補正率表」
(2) 奥行が長大な宅地 付表7「奥行長大補正率表」
 

堤税理士事務所情報 
埼玉県さいたま市大宮区土手町3-881-3F
関東信越税理士会会員
土地減額に詳しい税理士
遺産分割ご相談
事業承継贈与
消費税輸出に詳しい
格安顧問
048(9380 土日時間外お気軽にご相談下さい