生命保険金を受け取っても相続放棄が認められますか?

Q.生命保険金を受け取っても相続放棄が認められますか?

認められない場合もあります。!
個々の事情を、よく確認する必要があります。

生命保険契約により、

保険金の受取人が(被相続人)と指定されている場合、

生命保険金請求権は被相続人の相続財産になると考えられます。

したがって、相続人が生命保険金を受け取ると、

単純承認とみなされその相続人は相続放棄をすることができなくなるとおもわれます。

生命保険契約により、

保険金の受取人が単に相続人と指定

されている場合

この場合は、各相続人は、それぞれの相続分に応じ、

自己固有の権利として生命保険金請求権を取得しますので、
相続人が生命保険金を受け取っても、その相続人は相続放棄をすることができるとおもわれます。

包括遺贈と相続放棄

受遺者は

特定遺贈について

遺言者の死亡後いつでも

その放棄ができるが

包括受遺者は

相続人の相続放棄の場合

と同じように

相続開始後3か月以内に家庭裁判所

に相続放棄の手続きを行うことが

必要です。

相続人と法定相続人


相続税法でいう


 

法定相続人とは

民法の規定で

相続人となりうる者から

相続開始以前の死亡者

相続欠格者

相続排除者

を除き

相続開始以前の死亡者について、

代襲相続者がいれば

その者を含んだものをいう

 

相続税法における

相続人とは

その法定相続人のうち、

相続放棄をした者

を除いている

なお、

ある順位の相続人

の全員が相続放棄した場合には

次の順位に

相続順位が変更になることに注意。

 

 

 

包括遺贈と特定遺贈と相続放棄

受遺者は

特定遺贈について

遺言者の死亡後いつでも

その放棄ができるが

包括受遺者は

相続人の相続放棄の場合

と同じように

相続開始後3か月以内に家庭裁判所

に相続放棄の手続きを行うことが

必要です。

 

 

「相続放棄」

「相続を放棄した者」とは、

民法の規定により

家庭裁判所に申述して相続の放棄をした者

(相続の承認及び放棄の撤回及び取消しの規定により放棄の取消しをした者を除く。)

だけをいうのであって、正式に放棄の手続をとらないで

事実上相続により財産を取得しなかったにとどまる者はこれに含まれない

相続を放棄した者が

財産を取得した場合においては、

当該財産は

遺贈により取得したものとみなされる

相続を放棄した場合には

代襲相続は適用されません

相続の欠格、排除は代襲相続の適用があります