30年配偶者特別控除

配偶者特別控除の対象となる配偶者の合計所得金額が
38万円超123万円以下(現行76万円未満)と
される
配偶者の給与収入が188万円まで適用になる可能性がある
詳しくは国税庁hpでご確認をお願い致します

  居住者所得
9∞万円以下
居住者所得
900万円超
950万円以下 
 居住者所得
950万円超
1,000万円以下
 配偶者の合計所得  控除額  控除額  控除額
 38万円超85万円以下  38万円  26万円  13万円
 85万円超90万円以下  36万円  24万円  12万円
 90万円超95万円以下  31万円  21万円  11万円
 95万円超100万円以下  26万円  18万円  9万円
 100万円超105万円以下  21万円  14万円  7万円
 105万円超110万円以下  16万円  11万円  6万円
110万円超115万円以下  11万円  8万円  4万円
 115万円超120万円以下 6万円 4万円   2万円
 120万円超123万円以下  3万円  2万円  l万円

配偶者控除と同様に
合計所得金額が
1,000万円を超える
居住者については、配偶者特別控除の適用はできない

30年配偶者控除

控除対象配偶者又は
老人控除対象配偶者を有する
居住者について適用される
配偶者控除の額

なお、合計所得金額が1.000万円を超える居住者については、
配偶者控除の適用はできない

 居住者の
合計所得
 控除対象配偶者  老人控除対象
配偶者
 900万円以下  38万円  48万円
900万円超950万円以下  26万円  32万円
 950万円超1.000万円以下  13万円  16万円
     

年間の合計所得金額が38万円以下であること。

 (給与のみの場合は給与収入が103万円以下)

ご相談の流れ

ご相談はこちらから受け付けています。→048(648)9380

まずはお電話でお気軽にご相談下さい。
その際「ホームページを見た」とおっしゃっていただければスムーズです。

お電話で概要をお伺いいたします、日時を決めていただき

面談させていただきます。

1内容、財産状況のヒアリング

おおまかな財様などの内容の状況をお聞かせ下さい。

2サービス内容のご説明

当事務所で提供させて頂くサービスの内容をご説明致します。

3報酬見積額のご呈示

申告報酬の見積額をご提示致します。

相続税の申告が
必要な場合には、堤税理士事務所にぜひご相談下さい。
048(648)9380ご相談はこちらから受け付けています。

税理士顧問料3年間50%OFF

期間限定 顧問料3年間50%OFF

税理士を変更される方、現在お支払いの報酬を50%減額で
顧問させていただきます。

例えば年間100万円税理士に払っていれば50万円で

80万円税理士に払っていれば40万円で
お引き受けいたします。

申し込みが
殺到した場合、締め切らせていただくため、期間限定ですが
3年経過後も、急激な値上げするつもりもありませんので
ご安心ください。

条件:売上高 年間4億円以下の法人様に限定させていただきます。
年間売上が4億円を超えた場合には、
その時点で顧問料の改訂をお願い致します
(消費税の課税が複雑になるためです)
:当事務所に年3回以上ご足労いただける方、
書類を郵送可能な方、
メール等にファイルの添付のやり取り可能な方
弥生会計に入力可能な方、
TKCのソフトなど他の会計ソフトをお使いの方は
入力は弥生会計の方が簡単で短期間に済むと思われますのでご安心ください。初期設定は当方で致します。
弥生会計ソフトも無料で差し上げます。
申告書は税理士が責任をもって作成押印しますが、
不明な取引がある場合、領収書など書類の整理ができていない場合等には,
お断りすることもありますのでご了承ください。

4億円をこえるお客様は別途お見積させていただきます。
税務調査の時には税務調査に強いと思われる税理士が責任をもって立ち会いますので、
税務調査時には1日5万円の立会費用を申し受けます。
税務調査時以外には基本的に、訪問は致しませんが。
ご来所頂いた際には、税理士本人が必ず対応し税金、業績について詳しく解説いたします。
事務員では物足りないと思っている方には最適です。
関東近辺
(埼玉、東京、神奈川千葉はもとより群馬茨木栃木長野静岡)
の方であれば
お引き受けいたします。
埼玉県に立ち寄ることができる方は、便利かと思われます。

 


相続税申告書作成、分割協議等の相談の報酬料金について

日経新聞等の報道によりますと、
平均的な税理士の相続税申告の報酬は
遺産の総額の1%といわれています。
当事務所はそれに比較して半額程度の金額で、
お引き受けいたします

お気軽にご相談下さい。048(648)9380

お問い合わせ

 

ご相談はこちらから受け付けています。→048(648)9380

まずはお電話でお気軽にご相談下さい。
その際「ホームページを見た」とおっしゃっていただければスムーズです。

お電話で概要をお伺いいたします、日時を決めていただき

面談させていただきます。

 電話048(648)9380まで お気軽にご相談下さい

税理士会計事務所は、中小企業庁から認定された、経営革新支援機関です。

所長 税理士 行政書士 堤友幸
関東信越税理士会大宮支部 日本税理士会連合会会員
TKC埼玉県さいたま中央支部日本行政書士連合会会員  .
税理士略歴 税理士略歴
埼玉県さいたま市大宮税理士会で調査研究部員、
学術研究部員を歴任
TKC埼玉県さいたま中央支部にて理事、委員長を経験
さいたま商工会議所、大宮区商工振興委員を歴任
埼玉県税理士会会報に、論文の掲載実績があります。
税務調査の経験も豊富で、実績、豊かな税理士です。 .

当事務所は、税理士開業以来25年にわたり
埼玉県さいたま市で
埼玉県東京などの地域の皆様にお役に立てるよう
努力してまいりました。

今後も会社顧問税理士、相続税のご相談など
皆様のお役に立てるよう、
格安料金と高品質税理士業務の両立を目指して
努力していく所存です。
お気軽にご相談下さい。

048(648)9380お気軽にご相談下さい。

相続税に詳しい税理士が直接対応いたします・

次のようなお悩みをお持ちの方ぜひご相談下さい

□相続税に強い税理士でないと心配だという方

□大手の税理士事務所は、誰が対応するか分からないから不安という方
□ 色々な税理士事務所のホームページを見たけど、
料金がいくらかかるか不安な方

□ 相続税の申告書が送られてきたけれど、何もしていないという方
□ 相続税がいくらかかるのか早く知りたいという方
□不動産の登記についても、相談したい方

債務控除

  • 無制限納税義務者
  • 一 被相続人の債務で相続開始の際現に存するもの(公租公課を含む。)
    二 被相続人に係る葬式費用
    のうちその者の負担に属する部分の金額
  • 制限納税義務者
  • 一 その財産に係る公租公課
    二 その財産を目的とする留置権,特別の先取特権,質権又は抵当権で担保される債務
    三 前2号に掲げる債務を除くほか,その財産の取得,維持又は管理のために生じた債務
    四 その財産に関する贈与の義務
    五 前各号に掲げる債務を除くほか,被相続人が死亡の際この法律の施行地に営業所又は
    事業所を有していた場合においては,当該営業所又は事業所に係る営業上又は事業上の
    債務
  • 財産の取得,維持又は管理のために生じた債務の金額は,
    債務控除をすることができる金額に算入しない
  • 法第19条の規定で加算される受贈財産から債務控除をすることはできない
  • 相続を放棄した者及び相続権を失つた者については
    被相続人の葬式費用を負担した場合においては,その負
    担額は,その者の遺贈によつて取得した財産の価額から債務控除しても差し支えない
  • 確実な債務とは
    必ずしも書面の証拠があることを必要としない
    債務の金額が確定していなくても
    当該債務の存在が確実と認められるものについては,
    相続開始当時の現況によつて
    確実と認められる範囲の金額だけを控除する
  • 罰金は債務とならない
  • 無利息預かり保証金
    は保証金の額全額が債務控除の対象となる場合がある
  • 贈与税の連帯納付義務は債務に該当しない
    相続開始後3年を経過した後に成立した和解に基づく債務は該当しない
    とした裁決事例がある
  • 保証債務については,控除しない
    ただし,主たる債務者が弁済不能の状態にあるため,
    保証債務者が
    その債務を履行しなければならない場合で,かつ,
    主たる債務者に求償して返還を受ける見込みがない場合に
    は,主たる債務者が弁済不能の部分の金額は,
    当該保証債務者の債務として控除する
  • 連帯債務については,
    連帯債務者のうちで債務控除を受けようとする者の負担すべき金額が
    明らかとなつて
    いる場合には,
    当該負担金額を控除
    連帯債務者のうちに弁済不能の状態にある者
    があり,かつ,求償して弁済を受ける見込みがなく,
    当該弁済不能者の負担部分を
    も負担しなければならないと認められる場合には,
    その負担しなければならないと認められる部分の金額も債務控除
  • 相続開始の時において,既に,消滅時効の完成した債務は債務控除できない
  • 被相続人の生存中に墓碑を買入れ,その代金が未払であるような場合
    には,その未払代金は債務控除の対象とならない
  • 相続時精算課税適用者が,
    相続人に該当せず,かつ,
    特定遺贈のみによつて財産を取得した場合には,
    債務控除の規定は適用されない
  • (債務控除)
    第十三条 相続又は遺贈
    (包括遺贈及び被相続人からの相続人に対する遺贈に限る。以下この条において同じ。)
    により財産を取得した者が第一条の三第一項第一号又は第二号
    の規定に該当する者である場合においては、
    当該相続又は遺贈により取得した財産については、
    課税価格に算入すべき価額は、当該財産の価額から
    次に掲げるものの金額のうちその者の負担に属する部分の金額を控除した金額による。
    一 被相続人の債務で相続開始の際現に存するもの(公租公課を含む。)
    二 被相続人に係る葬式費用
    2 相続又は遺贈により財産を取得した者が第一条の三第一項第三号
    の規定に該当する者である場合においては、
    当該相続又は遺贈により取得した財産でこの法律の施行地にあるものについては、
    課税価格に算入すべき価額は、
    当該財産の価額から被相続人の債務で次に掲げるものの金額のうちその者の負担に属する部分の金額を控除した金額による。
    一 その財産に係る公租公課
    二 その財産を目的とする留置権、特別の先取特権、質権又は抵当権で担保される債務
    三 前二号に掲げる債務を除くほか、その財産の取得、維持又は管理のために生じた債務
    四 その財産に関する贈与の義務
    五 前各号に掲げる債務を除くほか、被相続人が死亡の際この法律の施行地に営業所又は事業所を有していた場合においては、当該営業所又は事業所に係る営業上又は事業上の債務
    3 前条第一項第二号又は第三号に掲げる財産の取得、維持又は管理のために生じた債務の金額は、前二項の規定による控除金額に算入しない。ただし、同条第二項の規定により同号に掲げる財産の価額を課税価格に算入した場合においては、この限りでない。
  • (相続を放棄した者等の債務控除)
    13‐1 相続を放棄した者及び相続権を失った者については、法第13条の規定の適用はないのであるが、その者が現実に被相続人の葬式費用を負担した場合においては、当該負担額は、その者の遺贈によって取得した財産の価額から債務控除しても差し支えないものとする。
  • (「その者の負担に属する部分の金額」の意義)
    13‐3 法第13条第1項に規定する「その者の負担に属する部分の金額」とは、相続又は遺贈(包括遺贈及び被相続人からの相続人に対する遺贈に限る。)によって財産を取得した者が実際に負担する金額をいうのであるが、この場合において、これらの者の実際に負担する金額が確定していないときは民法第900条から第902条《遺言による相続分の指定》までの規定による相続分又は包括遺贈の割合に応じて負担する金額をいうものとして取り扱う。ただし、共同相続人又は包括受遺者が当該相続分又は包括遺贈の割合に応じて負担することとした場合の金額が相続又は遺贈により取得した財産の価額を超えることとなる場合において、その超える部分の金額を他の共同相続人又は包括受遺者の相続税の課税価格の計算上控除することとして申告があったときは、これを認める。
  • (相続時精算課税適用者の債務控除)
    13‐9 法第21条の9第5項に規定する相続時精算課税適用者(以下「相続時精算課税適用者」という。)に係る法第13条の規定の適用については、当該相続時精算課税適用者の相続又は遺贈による財産の取得の有無に応じて、それぞれ次に掲げるとおりとなるのであるから留意する。
    (1) 相続又は遺贈により財産を取得した相続時精算課税適用者(法第21条の15第1項に該当する者) 無制限納税義務者である場合には第13条第1項の規定、制限納税義務者である場合には同条第2項の規定が適用される。
    (注) 当該相続時精算課税適用者が、相続人に該当せず、かつ、特定遺贈のみによって財産を取得した場合には、同条の規定は適用されないのであるから留意する。
    (2) 相続又は遺贈により財産を取得しなかった相続時精算課税適用者(法第21条の16第1項に該当する者) 当該相続に係る被相続人の相続開始の時において法施行地に住所を有する者である場合には第13条第1項の規定、法施行地に住所を有しない者である場合には同条第2項の規定が適用される。
    (注) 当該相続時精算課税適用者が、相続人又は包括受遺者に該当しない場合には、同条の規定は適用されないのであるから留意する。
    (死亡した相続時精算課税適用者に係る債務控除)
    13‐10 特定贈与者の死亡に係る相続税額の計算において、当該特定贈与者の死亡前に死亡している相続時精算課税適用者については、法第13条の規定の適用はないのであるから留意する。
    (注) 特定贈与者の死亡に係る相続税額の計算上、当該特定贈与者の債務及び当該特定贈与者に係る葬式費用については、当該特定贈与者の相続人又は包括受遺者の課税価格から控除するのであるから留意する
    (相続時精算課税適用者の死亡により承継した相続税の納税に係る義務の債務控除)
    14‐5 特定贈与者の死亡以前に当該特定贈与者に係る相続時精算課税適用者が死亡したことから法第21条の17の規定により当該相続時精算課税適用者の相続人(包括受遺者を含み、当該特定贈与者を除く。以下14‐5において同じ。)が当該相続時精算課税適用者の有していた相続時精算課税の適用を受けていたことに伴う納税に係る権利若しくは義務を承継した場合において、又は贈与者の死亡前に相続時精算課税選択届出書を提出しないで受贈者が死亡したことから法第21条の18の規定により当該受贈者の相続人(包括受遺者を含み、当該贈与者を除く。以下14‐5において同じ。)が当該受贈者の有することとなる相続時精算課税の適用を受けることに伴う納税に係る権利若しくは義務を承継した場合において、その承継した納税に係る義務は、当該相続時精算課税適用者又は当該受贈者の死亡に係る当該相続時精算課税適用者の相続人又は当該受贈者の相続人の相続税の課税価格の計算上、債務控除の対象とすることはできないことに留意する。

退職金

 被相続人の死亡によって取得した
被相続人に支給されるべきであった

退職手当金、功労金 その他
これに準ずる給与

(政令で定める給付を含みます。)で、

被相続人の
死亡後
3年以内
支給額が確定したものについては、

実際に支給される時期が、
被相続人の死亡後3年以内であるかどうかを問わず

その支給を受ける者が
相続又は遺贈によって取得したものとみなされ
て相続税が課税されます。

 支給されることが確定していても、
金額が確定していないものについては、
「支給が確定したもの
」には
該当しません

被相続人が受けるべきであった
賞与の額が
被相続人の死亡後確定したもの、
及び
相続開始の
時において
支給期の到来していない
俸給、給料等は、
「退職手当金等」に該当せず、
本来の相続財産に
属します

死亡後支給額が確定した退職手当金等
 被相続人の生前退職による退職手当金等であっても、
その支給されるべき金額が、
被相続人の死亡前に確定しなかったもので、
被相続人の死亡後3年以内に確定したものについては、
みなし相続財産
である退職手当金等に該当することとなります

未収退職金
被相続人の生前退職による退職手当金等で、
その支給されるべき金額が、
被相続人の死亡前に確定したもので、

退職金の支払いが死亡後になった場合には、
未収退職金として本来の相続財産
となり
生命保険金の非課税の
適用はないと思われます。


「被相続人の死亡後3年以内に支給が確定したもの」

とは、
被相続人に支給されるべきであった退職手当金等の
額が被相続人の死亡後3年以内に確定したものをいい
実際に支給される時期
被相続人の死亡後3年以内であるかどうかを問いません。
また支給されることは確定していても
その額が確定しないものについては、
支給が確定したものには該当しません。

なお、被相続人の
死亡後3年経過後に支給の確定した退職手当金等は、
遺族の一時所得として所得税が課税されます

 

 雇用主が保険料を負担している場合の生命保険金等
 雇用主が
従業員又は役員のために、
その者などを
被保険者とする
生命保険契約
又は損害保険契約の
保険料の
全部又は
一部を負担している場合、

その従業員又は役員が死亡したことにより
会社が受取保険金を
その相続人に対し
死亡退職金として支払った場合には、
その保険金は、
「退職手当金」としてみなし相続
財産となります

退職年金の継続受取人が取得する権利

 退職年金を受けている者の死亡により、
その相続人などが
年金を継続して受けることとなった場合
(一時金を含みます。)は、

その年金の受給に関する権利は、
その継続受取人となった者が
相続又は遺贈により取得したものとみなされます


弔慰金等の取扱い

明らかに退職手当金等と認められるものを除き、
次に掲げる金額を
弔慰金等として非課税とし

当該金額を超える部分の金額がある時は、
その超える部分に相当する金額は退職手当金等として扱います

① 被相続人の死亡が業務上の死亡であるときは、
その雇用主等から受ける弔慰金等のうち、
被相続人の死亡時における賞与以外の
普通給与の3年分に相当する金額

② 被相続人の死亡が業務上の死亡でないときは、
その雇用主等から受ける弔慰金等のうち、
被相続人の死亡当時における賞与以外の
普通給与の半年分に相当する金額

 上記の「業務」とは、その被相続人に遂行すべきものとして割り当てられた仕事をいい、
「業務上の死亡」とは、
直接業務に起因する死亡又は業務と相当因果関係がある死亡をいいます

医療費控除の明細書

1 医療費控除の概要

(1) 納税者が、
自己又は
自己と生計を一にする配偶者やその他の親族

のために支払った医療費であること。
(2) その年の1月1日から12月31日までの間に支払った医療費

 

医療費控除に関する事項その他の必要事項を記載した確定申告書を

所轄税務署長に提出するか、電子申告

 

(1) 平成29年分以後の確定申告書を提出する場合
医療費の領収書から
「医療費控除の明細書」を作成し、確定申告書に添付

平成29年分から平成31年分までの確定申告については、
明細書を確定申告書に添付せず、
領収書を確定申告書に添付するか、
確定申告書を提出する際に提示することによることもできます。

電子申告(e-tax)等にて申告の場合には昨年同様で大丈夫かと思いますが

 

(給与所得のある方は給与所得の源泉徴収票(原本)も必要です。)。
医療保険者から交付を受けた医療費通知がある場合は、

医療費通知を添付することによって医療費控除の明細書の記載を省略することができます。
なお、医療費控除の明細書の記載内容を確認するため、

確定申告期限の翌日から起算して5年を経過する日までの間、

医療費の領収書

(医療費通知を添付したものを除きます。)の保存が必要。

申告書に添付するか、確定申告書を提出する際に提示してください

(給与所得のある方は、

給与所得の源泉徴収票(原本)の添付も必要です。)


 

セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)
平成29年1月1日以後に

自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族の

特定一般用医薬品等購入費を支払った場合において、

その年中に健康の保持増進及び疾病の予防への取組として

一定の健康診査や予防接種などを行っているときには、

通常の医療費控除との選択により

その年中の特定一般用医薬品等購入費の合計額(保険金等により補填される部分の金額を除きます。)のうち、

1万2千円を超える部分の金額(8万8千円を限度)

を控除額とする

セルフメディケーション税制の適用を受けることができます。

プライバシーポリシー

堤税理士会計事務所(以下事務所)では、個人情報に関する法令およびその他の規範を遵守し、お客様の大切な個人情報の保護に万全を尽くします。

個人情報の収集について

当事務所では、次のような場合に必要な範囲で個人情報を収集することがあります。
当事務所へのお問い合わせ時
当事務所へのサービスお申し込み時

個人情報の利用目的について

当事務所は、お客様から収集した個人情報を次の目的で利用いたします。
お客様への連絡のため
お客様からのお問い合せに対する回答のため
お客様へのサービス提供のため

個人情報の第三者への提供について

当事務所では、お客様より取得した個人情報を第三者に開示または提供することはありません。
ただし、次の場合は除きます。
ご本人の同意がある場合
法律の適用を受ける場合

個人情報の開示、訂正等について

当事務所は、お客様ご本人からの自己情報の開示、訂正、削除等のお求めがあった場合は、確実に応じます。

個人情報保護に関するお問い合わせ先

堤税理士会計事務所

代表  税理士 行政書士 堤友幸

料金案内

相続税申告書作成、分割協議等の相談の報酬料金について

日経新聞等の報道によりますと、
平均的な税理士の相続税申告の報酬は
遺産の総額の1%といわれています。

当事務所はそれに比較して半額程度の金額で、
お引き受けいたします

良心的料金でも品質は一流のTKC他複数の

相続税申告書システムを使用し、低い評価額で申告いたしますので、ご安心ください。

堤税理士事務所の相続税報酬規程

遺産の総額の0.5%前後で、承ります。

税理士報酬の目安(過去の相続税申告書作成料金の例)

相続財産が7千万円程度の場合、35万円前後です。

相続財産が8千万円程度の場合、40万円前後です。

相続財産が1億円程度の場合、50万円前後です。

相続財産が1.5億円程度の場合、70万円前後です。

上記は、土地や株価の評価、分割協議書の作成なども

含んだトータルの料金です。
御見積書を提出し、ご希望のお客様には、

上限額をご提示いたしますので、ご安心ください。
相続税の申告を、ご依頼いただきましたお客様には
税務署には税理士が申告書を提出しますので、
お客様に税務署に行っていただく必要はございません。
お気軽にご相談下さい。048(648)9380

法人の税理士顧問料金

法人の税理士顧問料金についてはご相談ください。
なるべくお客様のご希望に沿う料金で
承りたいと考えております。
どうぞ、安心してご相談ください。