医療費控除の明細書

このエントリーをはてなブックマークに追加

1 医療費控除の概要

(1) 納税者が、
自己又は
自己と生計を一にする配偶者やその他の親族

のために支払った医療費であること。
(2) その年の1月1日から12月31日までの間に支払った医療費

 

医療費控除に関する事項その他の必要事項を記載した確定申告書を

所轄税務署長に提出するか、電子申告

 

(1) 平成29年分以後の確定申告書を提出する場合
医療費の領収書から
「医療費控除の明細書」を作成し、確定申告書に添付

平成29年分から平成31年分までの確定申告については、
明細書を確定申告書に添付せず、
領収書を確定申告書に添付するか、
確定申告書を提出する際に提示することによることもできます。

電子申告(e-tax)等にて申告の場合には昨年同様で大丈夫かと思いますが

 

(給与所得のある方は給与所得の源泉徴収票(原本)も必要です。)。
医療保険者から交付を受けた医療費通知がある場合は、

医療費通知を添付することによって医療費控除の明細書の記載を省略することができます。
なお、医療費控除の明細書の記載内容を確認するため、

確定申告期限の翌日から起算して5年を経過する日までの間、

医療費の領収書

(医療費通知を添付したものを除きます。)の保存が必要。

申告書に添付するか、確定申告書を提出する際に提示してください

(給与所得のある方は、

給与所得の源泉徴収票(原本)の添付も必要です。)


 

セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)
平成29年1月1日以後に

自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族の

特定一般用医薬品等購入費を支払った場合において、

その年中に健康の保持増進及び疾病の予防への取組として

一定の健康診査や予防接種などを行っているときには、

通常の医療費控除との選択により

その年中の特定一般用医薬品等購入費の合計額(保険金等により補填される部分の金額を除きます。)のうち、

1万2千円を超える部分の金額(8万8千円を限度)

を控除額とする

セルフメディケーション税制の適用を受けることができます。