(私道の用に供されている宅地の評価)

このエントリーをはてなブックマークに追加

(私道の用に供されている宅地の評価)

 

路線価地域

私道の価額は、原則として、

正面路線価を基として次の算式によって評価しますが、

その私道に設定された特定路線価を基に評価

(特定路線価×0.3)しても差し支えありません。

正面路線価×

奥行価格補正率×

間口狭小補正率✖︎

奥行長大補正率×0.3

×地積=私道の価額

(^。^)

私道の間口を計算する場合

角切で広がった部分は含めない

①要件を満たせば小規模宅地も適用できる

 

②側方路線が私道である場合

通常側方路線加算はしない

 

その私道が

不特定多数の者の通行の用に供されているとき

(通り抜けできる場合)

は、

その私道の価額は評価しない

 

24 私道の用に供されている宅地の価額は、

11≪評価の方式≫から

21-2≪倍率方式による評価≫までの

定めにより計算した価額の100分の30に相当する価額によって評価する。

この場合において、その私道が

不特定多数の者の通行の用に供されているときは、

その私道の価額は評価しない

 

(評価の方式)

11 宅地の評価は、原則として、次に掲げる区分に従い、

それぞれ次に掲げる方式によって行う。

(1) 市街地的形態を形成する地域にある宅地 路線価方式

(2) (1)以外の宅地 倍率方式

12 削除(平3課評2-4外)

(路線価方式)

13 路線価方式とは、その宅地の面する路線に付された路線価を基とし

15≪奥行価格補正≫から20

-5≪容積率の異なる2以上の地域にわたる宅地の評価≫

までの定めにより計算した金額によって評価する方式をいう

(路線価)

「路線価」は、宅地の価額がおおむね同一と認められる

一連の宅地が面している路線

(不特定多数の者の通行の用に供されている道路をいう。以下同じ。)

ごとに設定する。

(1) その路線のほぼ中央部にあること。

(2) その一連の宅地に共通している地勢にあること。

(3) その路線だけに接していること。

(4) その路線に面している

宅地の標準的な間口距離及び奥行距離を有する

く形又は正方形のものであるこ と。

(地区)

「路線価地域」

については、宅地の利用状況がおおむね同一と認められる一定の地域ごとに、

国税局長が地区を定めるものとする。

(特定路線価)

14-3 路線価地域内において、

相続税、贈与税又は地価税の課税上、

路線価の設定されていない道路のみに接している宅地を評価する必要がある場合には、

当該道路を路線とみなして当該宅地を評価するための路線価

(以下「特定路線価」という。)を

納税義務者からの申出等に基づき設定することができる。
特定路線価は、その特定路線価を設定しようとする道路に接続する路線及び当該道路の付近の路線に設定されている路線価を基に、

当該道路の状況、前項に定める地区の別等を考慮して

税務署長が評定した1平方メートル当たりの価額とする。

納税者からの申出等となっているので

納税者が申出しない場合

税務署がこれにより計算する場合がある

建築基準法の道路でない場合は設定できない

 

(奥行価格補正)

 

15 一方のみが路線に接する宅地の価額は、

路線価にその宅地の奥行距離に応じて

奥行価格補正率を乗じて求めた価額に

その宅地の地積を乗じて計算した価額によって評価する。

(側方路線影響加算)

16 正面と側方に路線がある宅地(以下「角地」という。)の価額は、次の(1)及び(2)に掲げる価額の合計額にその宅地の地積を乗じて計算した価額によって評価する(昭45直資3-13・昭47直資3-16・平3課評2-4外改正)

(1) 正面路線(原則として、前項の定めにより計算した1平方メートル当たりの価額の高い方の路線をい う。以下同じ。)の路線価に基づき計算した価額

(2) 側方路線(正面路線以外の路線をいう。)の路線価を正面路線の路線価とみなし、その路線価に基づ き計算した価額に付表2「側方路線影響加算率表」 に定める加算率を乗じて計算した価額

(二方路線影響加算)

17 正面と裏面に路線がある宅地の価額は、次の(1)及び(2)に掲げる価額の合計額にその宅地の地積を乗じて計算した価額によって評価する。(昭45直資3-13・昭47直資3-16・平3課評2-4外改正)

(1) 正面路線の路線価に基づき計算した価額

(2) 裏面路線(正面路線以外の路線をいう。)の路線価を正面路線の路線価とみなし、その路線価に基づ き計算した価額に付表3「二方路線影響加算率表」 に定める加算率を乗じて計算した価額

(三方又は四方路線影響加算)

19 削除

20 不整形地の評価

20-2 無道路地の評価

20-3 間口が狭小な宅地等の評価

20-4 がけ地等を有する宅地の評価

20-5 容積率の異なる2以上の地域にわたる宅地の評価

21 倍率方式

21-2 倍率方式による評価

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA