類似業種株価は2年間平均でも可

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

29年1月1日以降の相続等について適用
類似業種の上場会社の株価について、
従前の株価
(課税時期の属する月の株価、
その前月の株価、
その前々
月の株価及び前年平均株価のうち最も低い金額)に

課税時期の属する
月以前2年間平均株価が
加えられました。

配当金額、
利益金額
純資産価額
の比重が、
改正前の1: 3 : 1が、
1: 1 : 1とされた。

(取引相場のない株式の評価上の区分)

178 取引相場のない株式の価額は、
評価しようとするその株式の発行会社
(以下「評価会社」という。)が
次の表の大会社、中会社又は小会社の
いずれに該当するかに応じて、
それぞれ次項の定めによって評価する。
ただし、
同族株主以外の株主等が取得した株式又は
特定の評価会社の株式の価額は、
それぞれ188≪
同族株主以外の株主等が取得した株式≫又は189
≪特定の評価会社の株式≫の定めによって評価する。
平29課評2-12外改正)

規模区分

区分の内容

総資産価額(帳簿価額)及び
従業員数

直前期末以前1年間の
取引金額

 大会社

従業員数が70人以上の
又は右の
いずれかに該当する会社

卸売業

総資産価額
帳簿価額の合計
20億円以上
(従業員数が
35人以下の会社を除く。)

収入金額取引金額
30億円以上

小売・サービス業

総資産価額
15億円以上
(従業員数が
35人以下の会社を除く。)

収入金額20億円以上

卸売業、小売・サービス業以外

総資産価額
15億円以上
(従業員数が35人以下の会社を除く。)

収入金額15億円以上

 中会社

従業員数が
70人未満の会社で
右の
いずれかに該当する会社(大会社に
該当する場合を除く。)

卸売業

総資産7,000万円以上
(従業員数が5人以下の会社を除く。)

取引金額
2億円以上
30億円未満

小売・サービス業

総資産4,000万円以上
(従業員数が5人以下の会社を除く。)

取引金額
6,000万円以上
20億円未満

卸売業、小売・サービス業以外

総資産5,000万円以上
(従業員数が5人以下の会社を除く。)

取引金額
8,000万円以上
15億円未満

 小会社

従業員数が70人未満の会社で右のいずれにも該当する会社

卸売業

総資産
7,000万円未満又は従業員数が5人以下

取引
2億円未満

小売・サービス業

総資産
4,000万円未満又は従業員数が5人以下

取引
6,000万円未満

卸売業、小売・サービス業以外

総資産
5,000万円未満又は従業員数が5人以下

取引
8,000万円未満

 上の表の
「総資産価額(帳簿価額によって計算した金額)
及び従業員数」及び
「直前期末以前1年間における取引金額」は、
それぞれ次の(1)から(3)により、
「卸売業」、
「小売・サービス業」又は
「卸売業、小売・サービス業以外」
の判定は(4)による。

(1) 「総資産価額(帳簿価額によって計算した金額)」は、
課税時期の直前に終了した事業年度の末日(以下「直前期末」という。)
における評価会社の各資産の
帳簿価額の合計額とする。

(2) 「従業員数」は、
直前期末以前1年間においてその期間継続して評価会社に勤務していた従業員
(就業規則等で定められた
1週間
当たりの労働時間が30時間未満である従業員を除く
以下この項において「継続勤務従業員」という。)
の数に、直前期末以前1年間において評価会社に勤務していた従業員
(継続勤務従業員を除く。)のその1年間における労働時間の合計時間数を
従業員1人当たり年間平均労働時間数で除して求めた数を加算した数とする。
この場合における従業員1人当たり
年間平均労働時間数は、1,800時間とする。

(3) 「直前期末以前1年間における取引金額」は、
その期間における評価会社の目的とする事業に係る収入金額
(金融業・証券業については収入利息及び収入手数料)とする。

(4) 評価会社が「卸売業」、
「小売・サービス業」又は
「卸売業、小売・サービス業以外」
のいずれの業種に該当するかは、
上記(3)の直前期末以前1年間における取引金額
(以下この項及び181-2≪評価会社の事業が該当する業種目≫において「取引金額」という。)
に基づいて判定し、当該取引金額のうちに
2以上の業種に係る取引金額が含まれている場合には、
それらの取引金額のうち
最も多い取引金額に係る業種によって判定する。

(注) 上記(2)の従業員には、
社長、理事長並びに法人税法施行令第71条
≪使用人兼務役員とされない役員≫第1項第1号、第2号及び第4号に掲げる
役員は含まないのであるから留意する。

(取引相場のない株式の評価の原則)

179 前項により区分された大会社、
中会社及び小会社の株式の価額は、
それぞれ次による。(平29課評2-12外改正)

(1) 大会社の株式の価額は、
類似業種比準価額によって評価する。
ただし、納税義務者の選択により、
1株当たりの純資産価額
(相続税評価額によって計算した金額)
によって評価することができる

(2) 中会社の株式の価額は、
次の算式により計算した金額によって評価する。ただし、
納税義務者の選択により、
算式中の
類似業種比準価額を
1株当たりの純資産価額

(相続税評価額によって計算した金額)
によって計算
することができる。

類似業種比準価額×L

1株当たりの純資産価額(相続税評価額)×(1-L)

 上の算式中の「L」は、
評価会社の前項に定める総資産価額
(帳簿価額によって計算した金額)及び
従業員数又は直前期末以前
1年間
における取引金額に応じて、
それぞれ次に定める割合のうちいずれか大きい方の割合とする。

イ 総資産価額(帳簿価額によって計算した金額)及び従業員数に応ずる割合

卸売業 小売・サービス業 卸売業、小売・サービス業以外 割合
総資産価額
4億円以上(従業員数が35人以下の会社を除く。)
総資産価額
5億円以上(従業員数が35人以下の会社を除く。)
総資産価額
5億円以上
(従業員数が35人以下の会社を除く。)
0.90
2億円以上(従業員数が20人以下の会社を除く。) 2億5,000万円以上(従業員数が20人以下の会社を除く。) 2億5,000万円以上
(従業員数が20人以下の会社を除く。)
0.75
7,000万円以上(従業員数が5人以下の会社を除く。) 4,000万円以上(従業員数が5人以下の会社を除く。) 5,000万円以上
(従業員数が5人以下の会社を除く。)
0.60

(注) 複数の区分に該当する場合には、上位の区分に該当するものとする。

ロ 直前期末以前1年間における取引金額に応ずる割合

卸売業 小売・サービス業 卸売業、小売・サービス業以外 割合
取引金額
7億円以上30億円未満
取引金額
5億円以上20億円未満
取引金額
4億円以上15億円未満
0.90
3億5,000万円以上7億円未満 2億5,000万円以上5億円未満 2億円以上4億円未満 0.75
2億円以上3億5,000万円未満 6,000万円以上2億5,000万円未満 8,000万円以上2億円未満 0.60

(3) 小会社の株式の価額は、
1株当たりの純資産価額
(相続税評価額)によって評価する。
ただし、納税義務者の選択により、
Lを0.50として
(2)の算式により計算した金額によって評価することができる。

 

(1)類似業種比準方式

イ類似業種の株価について、現行に、

課税時期以前2年間平均を追加します

ロ類似業種の配当金額、利益金額及び簿価純資産価額について、

連結決算を反映させたものとし
ます。

ハ配当金額、利益金額及び簿価純資産価額の比重について、

現行の1:3:lから1:l:lに見直します。

類似業種株価は

改正以前は、

課税時期の属する月以前3か月間
の各月の

類似業種の株価のうち最も低いもの
か、

類似業種の前年平均株価によるが、

29年分相続より課税時期以前2年間平均が選択肢として追加された

 

比準要素

(B:配当、C:利益、D:簿価純資産)の比率を

「1:3:1」から

29年分より「l:l:1」に見直す

利益の高い会社の株価は軽減される。

評価会社の規模区分

 

従業員数70人以上で大会社

従業員数70人未満は表により判定

大会社

の卸売業の年間取引額を80億円以上
から「30億円以上」に引き下げ、

 

中会社で

総資産価額や

年間の取引価額
引き下げている

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA