課税の対象 電柱使用料

このエントリーをはてなブックマークに追加
  法人がその役員 に対 して 棚卸資産 を著しく 低い対価(時価の50%未満) で譲渡した場合は、 時価が課税標準になる。
法人がその役員 に対 し棚卸資産を贈与した場合 事業者が棚卸資産を自家消費した場合
仕入対価以上で 通常の販売価額の50%以上を 収受していれば認める。  
電柱を広告等のために使用させる場合に 電力会社から支払われる電柱使用料は、 課税対象   事業者が国内において行う 資産の譲渡等 (国内取引) 及び 保税地域から引き 取られる 外国貨物(輸入取引) を 課税対象としています
保税地域から引き取る外国貨物は、 その対価が無償でも、 また、その引取りが事業として行われない場合でも課税対象

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です