雇用者給与等支給額が増加した場合

このエントリーをはてなブックマークに追加

雇用者給与等支給額が

増加した場合の

税額控除制度を改組し、

青色申告書を
提出する法人が、

平成30 年4 月1 日から平成33 年3 月3 1 日までの間に

開始する各事業年度において

国内雇用者に対して

給与等を支給する場合において、
次の要件を満たすときは、

給与等支給増加額の15%の税額控除が

できる制度とする。

この場合において、

教育訓練費の額の

比較教育訓練費の額に

対する増加割合が

20%以上であるときは、

給与等支絵増加額の20%の

税額控除ができることとする。

ただし、控除税額は、

当期の法人税額の20%を上限とする
(所得税についても同様とする。)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA