障害者控除

このエントリーをはてなブックマークに追加
障害者控除 相続又は遺贈により財産を取得した時に障害者であること。 85歳未満であること。 民法に規定する相続人 無制限納税義務者 にのみ適用される 相続の放棄をした場合であつ ても, その者が要件に該当すれば, この税額控除の適用がある 平成27年1月1日以後 一般障害者の場合10万円×(85歳一相続開始時の年齢) 特別障害者の場合20万円×(85歳一相続開始時の年齢) 控除不足額は扶養義務者の相続税額からの控除できる 扶養義務者 配偶者、直系血族及び兄弟姉妹 家庭裁判所の審判を受けて扶養義務者となつた三親等内の親族 その未成年者と生計を一にしている三親等内の親族 過去に障碍者控除を受けたことがある場合の規定があります