門及び塀の評価

このエントリーをはてなブックマークに追加

建物は、通常固定資産税評価額で評価するが、

建物と一体化している、建物附属設備は通常固定資産税評価額に含まれていると

考えられます、

しかし、門や外構などは通常含まれていないので、別途評価する必要があります。

その場合再取得(建築)価額から減価の額を控除して計算します

庭園設備も評価する必要があります。