貸付事業用宅地の改正30年

このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
相続開始前3 年以内に
 
新たに貸付事業の用に供された
宅地等が
適用対象外となった
 


 

 
( 相続開始の日まで
 
3 年を超えて
特定貸付事業を行っていた
 
被相続人等の
貸付事業の用に供されてい
たものは除かれます。)
 
平成30年3月31日以前
に貸し付けの用に供した宅地等は、
 
小規模宅地の適用の対象になる可能性があります
 



30年確定申告税理士
民法
土地
メールで質問
税理士略歴
 
埼玉県さいたま市大宮区土手町3-88-1-301 電話0486489380税理士会計事務
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です