負担付贈与は思わぬ税金がかかる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

取得時における通常の取引価額に相当する金額によって評価

通常の取引価額=
不特定多数の第3者の間で、取引が行われる場合の価額=時価

時価と負担付借入金等の差額に贈与税がかかります。


相続税評価額は使用することはできません

なお、アパート等の敷金等は負担付きに該当しないという見解がある

2018年12月23日 | カテゴリー : 贈与 | 投稿者 : 相続税減額土地評価に詳しい埼玉県さいたま市大宮区の格安税理士 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA