試験研究費の範囲の改正

このエントリーをはてなブックマークに追加
試験研究費の範囲に、 費用又は対価を得て提供する新たな役務 (以下「新サービス」) の開発に係る 試験研究のために要する一定の費用が追加 具体的には、 サービス産業の生産性等を飛躍的に向上させるために、 データの収集・分析等の工学的・ 自然科学的な手法を用いた 新サービス手法等の提供を目的とした試験研究の費用 上記の改正は、平成29年4月1日以後に開始する事業年度分の法人税について適用されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です