親族が相続放棄をした場合の注意点

このエントリーをはてなブックマークに追加
相続を放棄した人は 初めから相続人でなかったものとされます。 相続を放棄した人には、 代襲相続が認められていませんので 、 たとえば 「直系卑属」である子が1人しかいない場合に、相続放棄した場合 法定相続人は子⇒直系尊属へと次の順位に移ることになります。 直系尊属もすべて相続放棄した場合には 第3順位の被相続人の兄弟姉妹が 法定相続人となります。 債務が多い場合には、 被相続人の死亡日から3ヶ月以内に家庭裁判所に 相続放棄の手続きをしないと、 その債務を引き継ぐことになります。 相続放棄をしたかどうかは、 知らされないことも、 よく確認しないとわからないことも多く 親族の死亡の際には、 財産の状況をよく 見極める必要があります。