短期前払費用を支払った場合、26年3月以前の事業年度では新税率8%相当の仕入税額控除することはできません

このエントリーをはてなブックマークに追加

26年3月以前の事業年度で短期前払費用に該当するとしても、
それに含まれる施行後の消費税等を、
26年3月以前の事業年度では
新税率8%相当の仕入税額控除することはできません

①法人税における短期前払費用の処理に合わせ、
消費税では支払った課税期間において
その26年3月までの分を対象に
旧税率(5%)
を適用して
課税仕入れに係る消費税額等を計算し、

新税率8%の消費税等は仮払金とする方法
の処理が想定されます