相続税額 加算

このエントリーをはてなブックマークに追加

相続又は遺贈により財産を取得した者が 当該相続又は遺贈に係る被相続人の

① 被相続人の1親等の血族

② 被相続人の1親等の血族又はその直系卑属が

相続開始前に死亡し,

廃除され,

相続欠格者に該当するため

代襲して相続人となつた被相続人の直系 卑属 ③ 被相続人の配偶者

以外の者である場合においては、 その者に係る相続税額は、 算出した相続税額に その 百分の二十に相当する金額を 加算した金額とする。
(相続税額の加算)
第十八条 相続又は遺贈により財産を取得した者が 当該相続又は遺贈に係る被相続人の
一親等の血族当該被相続人の直系卑属が相続開始以前に死亡し、 又は相続権を失つたため、 代襲して相続人となつた当該 被相続人の 直系卑属を含む) 及び 配偶者以外 の者である場合においては、 その者に係る相続税額は、 前条の規定にかかわらず、 同条の規定により 算出した金額にその 百分の二十に相当する金額を 加算した金額とする。

被相続人の

1親等の血族及び

配偶者については

相続を放棄し,廃除され, 又は相続欠格者に該当する場合 で 遺贈により取得した場合でも 2割加算制度の適用はない
2 前項の一親等の血族には、 同項の被相続人の 直系卑属が当該被相続人の養子となつている場合 (被相続人の孫や、孫の子、孫の子の子–が養子になっている場合など を含まない ただし、
当該被相続人の 直系卑属(子や被相続人の孫や、孫の子、孫の子の子–)が 相続開始以前に死亡し、 又は相続権を失つたため、 代襲して(その死亡等した相続人の代わりに) 相続人 となつている場合は、 この限りでない。

特定贈与者よりも先に死亡した

相続時精算課税適用者が

一親等の血族であるかどうかの判定時期

法第18条第1項の規定に該当するかどうかは, 被相続人の死亡の時の状況により判 定するが, 特定贈与者の死亡に係る当該特定贈与者よりも先に死亡した 相続時精算課税適用者の相続税額の計算において, 当該相続時精算課税適用者が法第18条第1項に規定する 被相続人の一親等の血族であるかどうかは, 当該相続時精算課税適用者が死亡した時の状況に より判定するものとする。