相続税の調査

このエントリーをはてなブックマークに追加

相続税の調査は申告が終わって
(感覚としては すっかり忘れた頃にと言うべきか)
1年半から2年程度経ってから来る場合が多いので注意が必要だ
調査官は通常2人で来て
1人は立会人として
証拠となる調書を作成し
その調書には通常押印を求められる
押印をしなくても証拠能力を持つと言われている
ので注意が必要だ

相続税調査の際は
過去10年ぐらいの預金の動き,名義預金の蓄積の有無,
3年以内の贈与がないか等を中心に調査される。

相続時に現金がいくらあったかがまず確認され

預金通帳、
家族も含めた預金通帳、の確認に移る

被相続人の財産から形成された
手持現金や
被相続人名義の預金の計上がなかった場合

重加算税の対象として延滞金も含め約5割増しの税金が
課税されます

生命保険,有価証券の名義変更による財産の漏れの有無の聞き取り
預金の印鑑、
貸金庫の有無、開閉状態、
貸金庫の管理者などの確認が中心となります。

相続人の職業、
被相続人の病気や入院の状況、
誰が預金を管理したか
銀行に存在する払い出しの筆跡から
判断されます
年間の手取りから生活費を引いた金額が
相続財産に反映されているか
家族名義の預金に移動していないか

過去の被相続人の趣味や趣向により

株取引や金取引等があったときは,

お金の流れについて,通帳などが

入念に調査されます。

生活費から、
相続時の相続財産が適正かどうか
検討されます

過去の土地建物株式等の譲渡の有無、
被相続人の通帳から相続人や孫などの通帳にお金の移動がないか
チェックされます。

相続開始前3年以内の相続人に対する贈与は
相続財産になりますので

課税漏れがあるのではと質問されると思われます。


相続人が一人の場合には,

遺産分割等も必要なく,自由に財産を管理等できるので

相続税の調査の対象になる可能性が大きいと思われます。

重加算税の対象になる可能性があるので

ベテランの税理士に頼むのが無難です。

また,通常は申告漏れがある場合に調査対象となるが

最近は現況を見に来る調査もあるので注意が必要だ。

 

 

2018年10月24日 | カテゴリー : 相続税申告 | 投稿者 : 相続税減額土地評価に詳しい埼玉県さいたま市大宮区の格安税理士