相続税の債務控除と固定資産税

このエントリーをはてなブックマークに追加

地方税法において、

土地又は家屋の所有者であった個人が

固定資産税の賦課期日前に死亡した場合にあっては、

賦課期日(毎年1月1日)現在において、

現に所有している現実の所有者

を納税義務者とすることとしています。

たとえば被相続人が平成25年12月25日に

お亡くなりになった場合、26年分の固定資産税は

債務控除できません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA