相続直前に急遽購入し、賃貸を開始したマンション

このエントリーをはてなブックマークに追加

貸家建付地として評価すべき、引き渡しの時期として、

賃貸契約書を交わした時期が想定されますが

通常、入居者に鍵を渡し、使用できる状態になった場合が考えられます。

相続税対策で、貸家などを購入、建設することはよくあることですが

認知症などで被相続人の意思能力がない場合には、

その契約が無効とみなされ、

相続税評価額、貸家の評価が認められない採決

事例があります。

この場合、その物件を、相続開始後に売却していました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA