相続対策で相続直前に急遽購入?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

相続税対策で、貸家などを購入、建設することはよくあることですが

認知症などで被相続人の意思能力がない場合には、

その契約が無効とみなされ、

相続税評価額、貸家の評価が認められない裁決

事例があります。

この場合、その物件を、相続開始後に売却していましたので

課税上弊害があるとされました

 

 

(相続開始前3 年以内に

新たに貸付事業の用に供された宅地等

( 相続開始の日まで

3 年を超えて引き続き特定貸付事業を行っていた

被相続人等の貸付事業の用に供されてい
たものは除かれます。)


平成30年3月31日以前

に貸付事業の用に供した宅地等は、

小規模宅地の適用の対象になる可能性があります