相続登記、名義変更

このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産の名義変更に必要な書類

法務局へ提出する書類(司法書士へ依頼)

□ 被相続人の生まれてから、お亡くなりになるまでの戸籍(除籍)謄本

□ 被相続人の住民票の除票

□ 相続人の戸籍謄本

□ 遺産分割協議書

□ 相続人の印鑑証明書・印鑑(実印)

□ 相続人の住民票

□ 代理権限証書(委任状)

その他

 

未登記の家屋については、

市区町村の税務課で家屋課税台帳名義人変更願

 

相続を原因として、所有権の移転登記をする場合

登記原因の日付を被相続人の死亡の日とし、

登記申請書には、戸籍謄本、遺産分割協議書などを添付して、

申請することができる。

遺産分割がされない場合には、

自分の法定相続分だけを登記することはできない

被相続人の中の一人が、

相続人全員のために法定相続分による共有割合で、

登記の申請をすることができる。

 

トップへ戻る

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA