生命保険金等の非課税枠

このエントリーをはてなブックマークに追加
1. 死亡保険金被相続人の死亡保険金は、相続税が課税されますが、一定額が非課税となっています非課税枠=500万円×法定相続人の数

法定相続人については、
もし相続放棄した人がいるときでも、
放棄しなかったものとして相続人の数に入れます。

ただし、相続放棄した人は死亡保険金を受け取ることはできますが、
この非課税枠を利用することはできません。

また、被相続人に養子がいるとき、
・実子がいる場合は、養子は1人まで法定相続人として認められます
・実子がいない場合は、養子は2人まで法定相続人として認められます
・ただし、特別養子の場合は、実子と同等に扱われます

なお、ここでの法定相続人というのは、あくまで相続税法上の非課税枠を計算するときのものであって、民法上では実子も養子も全て法定相続人になります

2. 養子がいるときは、上の死亡保険金のケースと同じです。

なお死亡退職金は、
被相続人の死亡後3年以内に支給が、
確定したものであれば非課税枠が適用できます

3.
死亡退職金→みなし相続財産非課税枠=500万円×法定相続人の数
業務上の死亡では、賞与を除く給与の3年分まで

業務上以外の死亡では、
賞与を除く給与の半年分まで
が非課税

 

トップへ戻る