奥行距離の求め方

このエントリーをはてなブックマークに追加

相続税の土地の評価で
路線価地域においては
第一に
間口距離と奥行距離で
基本となる路線価を計算しますので
間口距離 と奥行
正確に算定することが重要です

通常間口距離は測ればいいのですが
奥行については
判断に迷うことがあります。


土地は不整形地の場合が多いので
奥行については
不整形地の奥行距離の求め方
奥行距離が一様でないものは


平均的な奥行距離
によります。


具体的には、


不整形地の
想定整形地の奥行距離を限度として
不整形地の面積÷間口距離
得た数値とします。


以下国税庁HPより転載引用、

以下は個人的見解です。


不整形地の奥行距離の求め方の図1


間口距離35
想定整形地の奥行20を限度とし 不整形地の面積600÷間口距離35=17.1奥行


不整形地の奥行距離の求め方の図2


想定整形地の面積800 想定整形地の間口40 想定整形地の奥行20


不整形地の奥行距離の求め方の図3

不整形地の面積500÷間口距離20=25奥行      不整形地の面積720÷間口距離18=40奥行


不整形地の奥行距離の求め方の図4

面積750÷間口5=150>50奥行  

         800÷20=40              

   800÷15=53≧50


間口距離の求め方は、

原則として道路と接する部分の距離によります
間口には
車などが出入りしやすいように
角が切れている場合がありますが
角切で広がった部分も間口に含めます

しかし

私道部分を評価する際には、

角切で広がった部分は間口距離に含めません。
私道は道路なので長方形で評価する
と考えればわかりやすいかもしれません

2017年12月9日 | カテゴリー : 土地の評価 | 投稿者 : 格安相続税料金埼玉県さいたま市大宮区