国外財産

この通達により評価する

この通達の定めによって評価することができない財産

この通達に定める評価方法に準じて、又は売買実例価額、精通者意見価格等を参酌して評価

課税上弊害がない限り、

その財産の取得価額を基に
その財産が所在する地域若しくは国におけるその財産と
同一種類の財産の一般的な価格動向に基づき
時点修正して求めた価額又は
課税時期後に
その財産を譲渡した場合における譲渡価額
を基に
課税時期現在の価額として算出した価額により評価することができる。

確定申告無料相談 相続税無料相談の

埼玉県さいたま市の税理士に お気軽にご相談下さい

ご相談電話048(648)9380

関東信越税理士会会員 土地減額に詳しい税理士 遺産分割ご相談 事業承継贈与 消費税輸出に詳しい 格安顧問 048(648)9380 土日時間外お気軽にご相談下さい 日本税理士会会員