司法書士弁護士の実費交通費

このエントリーをはてなブックマークに追加

依頼者が本来納付すべきものとされている

登録免許税や手数料等に
充てるものとして受け取った金銭については、

それを

立替金等として報酬又
は料金と明確に区分経理している場合は、

消費税の課税の対象となりません。

実費に付加して請求した場合には

まったく、立替金とは認められず

消費税の課税対象になる。

それ以外は経理処理,

請求の仕方により

課税対象になるかは

ケースバイケースであろう。

 

(印紙税等に充てられるため受け取る金銭等)

10-1-4 事業者が課税資産の譲渡等に関連して受け取る金銭等のうち、当該事業者が国又は地方公共団体に対して本来納付すべきものとされている印紙税、手数料等に相当する金額が含まれている場合であっても、当該印紙税、手数料等に相当する金額は、当該課税資産の譲渡等の金額から控除することはできないのであるから留意する。(平11課消2-8により改正)

(注) 課税資産の譲渡等を受ける者が本来納付すべきものとされている登録免許税、自動車重量税、自動車取得税及び手数料等(以下10-1-4において「登録免許税等」という。)について登録免許税等として受け取ったことが明らかな場合は、課税資産の譲渡等の金額に含まれないのであるから留意する。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA