個人の建物を法人に譲渡で節税

このエントリーをはてなブックマークに追加
個人の建物を法人に譲渡した場合 通常建物の未償却残高を譲渡対価にすれば 譲渡益は発生せず、無税で移転できますが 固定資産税評価額が譲渡対価として適正である という判例もあることに注意したいところです また
登記をする際 登録免許税が2%程度 不動産取得税が3から4%程度 課税されることには注意が 必要です。 これらはいずれも損金となりますが 詳しくは 相続税、資産税専門税理士堤税理士事務所 048(648)9380に お気軽にご相談下さい。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA