個人の土地に法人が建物を建てた場合

このエントリーをはてなブックマークに追加
個人が自分が主宰する同族会社に土地を貸し付け その土地の上に法人が建物を建てるということは よくあることではないでしょうか その場合、 原則として借地権課税の問題が出てまいりますが それを回避するには 相当の地代を払うか 無償返還の届出書を連名で税務署に提出するかです 相当の地代を支払うと 個人の収入が多くなることになりますので 個人の相続財産が増えることになります 無償返還の届出を出せば、 相当の地代を支払う必要はなく 法人が支払う地代は無料でも、 固定資産税相当額でも、 個人、法人に対して 課税されることはないといわれていますが 基本的には、法人税は受贈益が計上されることになりますが 支払い地代も発生するので、 相殺され課税されることはないと いう書物が多いですが 法人税の無償でも受贈益課税するという、 意識は強いと思われますので 同族会社の行為計算否認規定で 否認される可能性も頭に入れておいたほうがいいでしょうか? 極端な取引は危ないと思われますが。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です