代襲相続

このエントリーをはてなブックマークに追加

本来なら

相続人となるべき人が

相続開始の時に

⑴すでにお亡くなりになっている

⑵相続欠格

⑶推定相続人の排除

 

などの事由により

相続する権利を失っているとき、

その者の直系卑属が、

その者と同一順位で

相続人となることをいう。

被相続人の子供がなくなっていた場合、

被相続人の曽孫は再代襲ができますが。

被相続人の兄弟姉妹の孫や曽孫については

代わりの相続権を認めていません。したがって相続人となれません。

 

2017年7月19日 | カテゴリー : 遺産分割 | 投稿者 : 相続税減額土地評価に詳しい埼玉県さいたま市大宮区の格安税理士 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA