不動産の仲介あっせん報酬の帰属の時期

このエントリーをはてなブックマークに追加

「土地 、建物等の売買 、交換又は賃貸借の仲介又はあっせんを

したことにより受ける報酬の額は 、

原則としてその売買等に係る契約の効力が発生した日の属する事業年度の益金の額に算入する 。

ただし 、法人が 、売買又は交換の仲介又はあっせんしたことにより受ける報酬の額について 、継続して当該契約に係る取引の完了した日

(同日前に実際に収受した金額があるときは 、当該金額については収受した日 )

の属する事業年度の額に算入しているときは 、これを認める 」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA