お墓、祭具は原則として非課税

このエントリーをはてなブックマークに追加

お墓、祭具は原則として非課税

しかし、

骨とう品又は

投資の対象として所有するものはこれに含ま

れない

純金のちりばめられた高額な仏壇、仏具

などは判断の分かれるところだ。

社会通念上、高額なものは相続税が課税されると思われます


葬式費用

(1) 葬式若しくは葬送に際し、これらのにおいて、

埋葬、火葬、納骨

遺がい若しくは遺骨の回送その他に要した費用

仮葬式と本葬式とを行うものにあっては、その両者の費用)
(2) 葬式に際し、施与した金品で、被相続人の職業、財産その他の事情に照らして相当程度と認められるものに要した費用
(3) (1)又は(2)に掲げるもののほか、

葬式の前後に生じた出費で通常葬式に伴うものと認められるもの
(4) 死体の捜索又は

死体若しくは遺骨の運搬に要した費用


 


葬式費用について

葬儀に参列してもらうため、

遠方から親戚を呼んだ交通費など

お寺さんとの打ち合わせの費用

斎場やお寺、火葬場などへの

タクシー代、バスチャーター費など

喪主や相続人が負担した花代

葬儀通夜時の受付案内などの手伝者への謝礼金など

葬式を行うにあたり

喪主が負担する必要な経費があれば

葬式費用として認められる可能性もある

ので検討したいところだ

詳細はご相談ください。048(648)9380


葬式費用でないもの

(1) 香典返戻費用
(2) 墓碑及び墓地の買入費並びに墓地の借入料、永代供養料、墓地継承手数料

(被相続人の生存中に墓碑を買い入れ、その代金が未払であるような場合には、

その未払代金は債務として控除しない)
(3) 法会(初七日、四十九日、一周忌、三回忌など)に要する費用

本葬時に同時に行われるものは、通常、葬式費用に該当すると思われます。
(4) 医学上又は裁判上の特別の処置に要した費用