いわゆる家なき子が取得し,相続後貸し付けた場合

このエントリーをはてなブックマークに追加

いわゆる家なき子が被相続人の居住用宅地を取得し,相続後貸し付けた場合

でも要件を満たせば,小規模宅地の適用は受けられます。


家なき子が被相続人の居住用宅地を取得し、小規模宅地の適用の要件を満たしていた場合、

被相続人が居住していた
家屋について、申告期限までの利用状況について特に制限は ありません

例えば、被相続人が一人暮らしで、

その娘が、他家に嫁いで、
家なき子の小規模宅地の適用の要件を満たしていた場合、

わざわざ、被相続人の居住用家屋に住むことは、

通常想定されていない、

と考えればわかりやすいでしょう

ただし、

申告期限までに取得していることは要件とされているので

売却などはしないように注意したい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA